心な地方娘に性の講義を…。

群馬県桐生市 単身族 40歳 男性子供の進路の都合で単身赴任して2年になります。

寂しさはありますが、一番寂しいのはセックスできないということです。

寂しさを紛らすために入ったのが、出会い系サイトでした。

女が欲しくなると、人妻、暇な女、女子学生などと出会いセックスしています。

もちろんサポ希望・パパ募集に来ている娘と援助交際もしたことはあります。

また地方への出張も多く、その土地の風俗に行ったり、その土地の出会い掲示板にアクセスし、初心な田舎の娘と関係も持ちました。

個人的には地方のまだ性の経験の少ない娘が好きになりましたが…。

先日、いつものようにサイトに入りサポ希望・パパ募集コーナーを閲覧してた時です。

地方から出てきていた娘が神待ちしていたので、早速返事を出しました。

指定されたネットカフェまで迎えに行き無事彼女と会うことができました。

地方出身らしく初心で素朴な娘でした。

私は自宅に彼女を招き食事させました。

聞けば田舎が退屈で、親には一人旅に行くと言いこの街にやってきたそうです。

でもお金も心もとなくなり、援助交際しようとしていました。

もちろん彼女も覚悟ができていますから、食事が終わると私は彼女を押し倒しました。

緊張と恥ずかしがってる彼女。

それは当然でした。

まだ男を一人しか知らず、セックスも一回しかしていない処女に近い娘だったからです。

私は一からセックスを教えながら若い肉体を貪りました。

フェラチオも丁寧に教え彼女も一日で上手くなるほど上達。

初心な娘ですから、言いくるめて生で挿入。

その処女に近い膣は締まりも良く、私はすぐに逝ってしまいました。

私も余程若い身体に興奮していたのでしょう、何度も身体を求め何度も射精しました。

初心な娘に、タダメシ、タダ泊させ思いきりタダマンできたことがうれしかった。

二日後、彼女は帰る、と言い出したので小額ですが援助し、最後にもう一発セックス。

彼女の身体を目に焼き付けるように眺め回し、舐め回しました。

そして彼女の了解を得、彼女にとって初めての中出しも経験させてあげました。

ありがたいことに妊娠はしていませんでした。

そして今ではこの街に出てきて、私の愛人になっています。