露出狂の若妻に懇願されての野外プレイ。今では僕の方が…。

長野県松本市 ハヤトさんの体験告白
今のセフレである29歳の人妻と知り合ったのは出会い系サイトです。
出会い系サイトでの彼女の書き込みに興味を持ち、僕からメールしました。

彼女は旦那のいない深夜なら全裸で、昼間なら下半身裸でドライブしたり、スーパーなどの駐車場でオナニーするのが好きな露出狂。
とにかく会って話をしようということになった。

待ち合わせ場所にはストレートの黒髪をした美しい女性。
とても変態な性癖を持つような人には見えなかった。
話を聞き始めると、露出しながらのオナニー体験などを話し始める。
そして彼女は自らの願望を話し始めた。

彼女の願望は露出狂な自分を撮影してほしい。
野外プレイで外でハメたいハメてるとこも撮影されたい、だった。
それを懇願され続け、野外プレイは知ってたが、恥ずかしいからしたくはなかったけど、彼女の懇願を受け入れ、野外プレイすることにした。

「今日下着は?」
そう問うと着けてないという。
一緒に僕の車を停めている立体駐車場に誘った。
そこは満車になったことはない、ましてや最上階は空きばかりでその日は僕の車しかなかった。
彼女に全裸になるよう命令すると、周囲を見渡しながら服を脱ぐ。
ワンピースの前を開けると、白く美しい形をした乳房が現れた。
僕はスマホのシャッターを切り続け、美しく引き締まった曲線美を撮り続けました。

次第に彼女の瞳は潤い始め、淫乱なメスのようになっている。
股間からは自然に溢れたマン汁が太ももを伝い落ちていく。
我慢しきれずフェラをさせ、車の陰でバックから突いてあげた。

それから僕たちは露出を楽しみました。
彼女を写すためのカメラやビデオカメラも購入し、彼女の淫乱な痴態を収めていく。

二人の行為は大胆になり、林道のど真ん中で二人全裸でのセックスや映画館でのセックスなどもし始めた。

長野県で露出した女を見つけたら、それは僕たちかもしれませんね。