援助するなら人妻・主婦に限る

北海道札幌市 100人斬り重役 56歳 男性

私が出会い系を始めたのは3年前。

きっかけは、子供たちが独立しはじめたと同時に妻が営みを拒むようになったからです。

こう見えても私は昔から女に不自由したこともなく、筆下しも高校生で終えたほどです。

その後も何人もの女性と交際し、ソープにも通っていました。それくらいセックスが好きで、年上の妻と結婚するまでに50人以上と関係を持っていました。

妻はセックスがあまり好きではなく、私は結婚後も社内不倫など浮気も繰り返していました。

娘が18歳の時、初体験を済ませたことを妻から聞き、嫉妬と悔しさで夜も寝れませんでした。

内心では娘の処女を奪いたかったのです。

その反動もあったのでしょう。

出会い系に入り出会い掲示板に書き込まれた神待ちしてる娘を喰いまくっていました。

自分の娘と同じくらいの…いや、娘より年下の娘とセックスしていたのです。

援助交際希望の娘達とも関係しました。

が、サポ希望・パパ募集してる援助目的の娘達は、すぐ射精させようとするため、次第に欲求不満が溜まるようになり、たまには若い人妻・主婦でも、と最近サポ希望・パパ募集していた人妻・主婦と出会うことにしました。

彼女は28歳で子供のいない女性です。

援助交際も初めてなら浮気も初めてというのです。

私は最初援助で割り切った関係で…そう思い会いました。

当然のように彼女は初めての浮気ということもあり、緊張しっぱなし。

その緊張なのでしょう、乳房へのキスも感じていないのか、それとも声を我慢してるのか…。

秘部に指を這わせても恥ずかしがり足を閉じようとする。

それが私の欲望を掻き立てるのである。

耳元で囁きながら緊張を解していく。

声を出し始めたのは秘部をまさぐりだして5分後であった。

初めて旦那を裏切り、恥じらう彼女に挿入したときは、他人の持ち物を奪った優越感のようなものが身体を支配していた。

そのせいなのか、私は果てるのも早かった。

その後も出会い系で色々な女性とセックスしているし、彼女とも時折会い、身体を頂いている。

最近では旦那にも見せてはいないであろう痴態を晒し、淫乱な女へと変わっているみたいだ。

何にしてもこういう恥じらいを持ったサポ希望の人妻は、たっぷりとセックスさせてくれるのでお薦めですよ。