距離を置いてるから激しくセックス。既婚者男性の出張先現地妻。

北海道 函館市 日陰の女さん(34歳女性)の体験告白
お恥ずかしい話ですが、私半年前まで処女でした。
地味で美人じゃないし、男性とまともに話もできない内気な女だったんです。
でも結婚してくれなくてもいいから、せめてセックスだけは経験したくなり勇気を出して出会い系に登録しました。
出会い系といえど、30過ぎて処女とは恥ずかしくて書き込みできなかった。

私なんかに出会い系からお誘いのメールなどくるはずもなく、やっぱり自分からアプローチしないといけないのか、と落ち込んでたある日、一人の男性からお誘いがきたのです。
その内容も肉体関係を欲してるネットナンパのようなものでなく、仕事で北海道函館市に来てるが、一緒に食事でも…というものでした。

彼の話は楽しく、ずっと引きつったような笑顔でただ話を聞いてるだけの私に、嫌な顔もせず楽しい時間を与えてくれました。
少しずつ彼のことが好きになっていた。
でも彼は家に帰れば奥さんや子供が待っている。
好きになっちゃいけないと思い続けました。

夜の街中をほろ酔い気分で歩いていた。
私は少し後ろをちょこちょこと付いて行ってた。
急に彼が私の手を握り、そのまま歩き出すのです。
「結婚されてるのに、こういうことダメです」
振り払おうとしたけど男の人の力にはかなわない。
ずっと手をつないでた。

「やっぱり、こういうの…」
喋り終わらないうちにキスされました。
ファーストキス。
身体中真っ白になり、身体が宙に浮いたような気分でした。

そして彼の泊まってるホテルで抱き合いました。
初めてみるおちんちんに驚き、エッチなサイトで見たフェラも映像を思い出しながら舐めてあげました。
早く処女だって言えばよかったんですが、それも言えなくて。

とうとうその時が来ました。
初めておちんちんを入れられるその瞬間が。
「待って!私、初めてなんです」
驚いてた彼。
でもそれまでは力強く愛撫してたのに、私に入る時は優しくゆっくりと入ってきました。

終わった後も女になれたことで幸せでした。
ずっと抱き合いながら、もう一度入れてもらいました。

女になったことで毎日セックスのことばかり。
知らない人としてたり、彼に抱かれてたりすることを思ってしまいました。
だからと言ってやりまんみたいに、誰とでもセックスする気にはなれません。

彼の出張先は函館市が多く、月に1度はやってきます。
その度に彼と同じホテルで泊ったり、私の部屋に泊まりに来たりして愛し合うのです。
そう、彼の現地妻として少ない時間を妻として時間を一緒に過ごしたり、性を貪るのです。

彼、2月からは私の部屋にばかり泊まります。
本当の夫婦のように過ごすのです。
そして今月から出張先として函館の回数が増えることになりました。
嬉しかった。

現地妻として、食事もセックスもちゃんとするようにしてます。

この前、部屋にやってきていきなり玄関先で押し倒され、即マンさせられました。
嫌なことがあったみたい。

終った後裸のままギュって抱きしめてあげました。
彼は2度目もせがんでくる。
ベッドで彼の自由にさせ私は性のはけ口となりました。
それで嫌なことが忘れられるなら…。

激しく突きあげる彼。
彼が絶頂に達しようとした時
「中!中に出して!!」
妊娠覚悟でそう叫びました。

熱いものが子宮に流れ込む。
これも女の喜び?
ぎゅっと抱きしめられながら何度も出されました。

私はやりまんじゃない。
だけど、彼だけには何でもしてあげられる、彼だけのやりまんです。